布ナプキンのススメ

あたり前のように使用している生理用ナプキンは紙でできています。

それは使い捨てで処理が簡単、しっかり吸収してくれて安心…ということで、1960年代、社会進出を目指す女性に大人気となりました。

しかし、その「手軽で仕事や家事に集中できる」ことと引き換えに、生理痛や不妊症で悩む女性が多くなりました。

 

昔の女性は(紙ナプキンがない時代)布を当てていました。

そして経血コントロールができ、身体の声を聴いていたので、子供も授かりやすかったと考えます。

 

現代の女性は、初潮を迎える時から当たり前に紙ナプキンを使っている(それしか知らない)ので、

「布」と聞くと驚かれたり、使用するのは不安だという声を聞きます。

私もそう思っていました。

 

しかし、健康な生活を送るには「手軽さ」よりも「身体の声を聴くこと」であることは、

腸セラピーを通して体感し、

実際布ナプキンを取り入れてみると、意外と難しくなく、むしろ生理が楽しみなものになります。

 

私自身は生理痛に悩まされたことはありませんが、

身体を温める効果ありますので、以前よりも快適な毎日を送っています。

 

「便利」と引き換えにしてしまった女性の健康を、

布ナプキンを使用することで取り戻すことができます。

 

閉経後の女性も、冷え取りのためや、尿漏れが気になる方にもぜひご使用いただきたいものです。